054-259-2502

お問い合わせ

MENU

お母さんの声

「連絡ノートは、あまり書けません。書いている間は、子どもから目をはなしてしまう、子どもを自由に遊ばせている時間こそ、子供の人間関係や興味をみることを大切にしています。」という園長先生の言葉通り、体裁にこだわらず何より子どもを大切にすることを一番に考えている幼稚園だと感じます。

ひばり幼稚園では、先生はもちろん幼稚園のみんなが自然と名前で呼び合うようになります。妹の名前まで覚えてくれていて、連れていくといつも誰かが声をかけてくれました。年長からはじまる鼓笛演奏に関しても、同じ曲を年に何度か園外で発表する機会があるのですが、娘は一度も緊張したことがありません。もちろん初めの発表からうまくできていたわけではなかったと思います。でも、先生がその都度満面の笑みでほめてくれるので、「失敗した」「失敗するのが怖い」という感覚はなかったように思います。発表会が楽しい、できるようになるのがうれしいといった気持ちから、家でも楽しそうに床をたたいて練習していたことはいい思い出です。

英語、習字、体操などもあたたかい雰囲気の中で楽しいこととして経験させることで、子どもは好きになり無理なく身についていきました。知らないうちに逆上がりができたり英単語が読めるようになったりと驚くことが多かったです。アットホームなだけでなく、たくさんの成功体験をさせていただいたおかげで、自分から学ぶ姿勢を身につけることができ感謝しています。

深谷友紀

私がひばり幼稚園を選んだ理由は、就園前のひばりっ子教室で先生方の温かい雰囲気が良く、子どもも私も楽しめたことと、教育カリキュラムです。英語がクラブや課外での選択ではなく、保育の時間内に全員やっているという点と、幼稚園ですが書道の時間があり、お作法等も教えてくれるという点が気に入り決めました。海の近くということもあり津波は心配ですが、立派な避難タワーがあり、訓練も頻繁にしているというので、入園前からそれほど心配しませんでした。
幼稚園に入ってから、娘は1人っ子なので、友達といっぱい遊んでくれたらうれしいなぁと思っていましたが、入ってしばらくすると「○○ちゃんと遊んだよ」と色々な名前が娘から聞けました。同じクラスの友達だけでなく隣のクラスや年長クラスのお友達の名前もありました。兄弟のない娘にとって、お姉ちゃんが遊んでくれたのは非常にうれしかったようで、私もうれしく思いました。
クラス、学年をこえて一緒に遊べるのもひばりにしてよかったと思いました。入園してからわかったのですが、防災教育もしっかりしていると感じました。年少で、まだ3才の娘が「地震がきたら自分の命は自分で守るんだよ」と言ったときは驚きました。そして自分の命を守るという大切なことを教えてくれている幼稚園と我が子を頼もしく思いました。
現在、娘は年長になりましたが、やはりひばりの教育内容はすごいと思っています。英語、書道、スイミング、体操教室、全て専門の講師に教えてもらえるというのがいいですね。
先生方みなさんで子どもたちを見守って下さり、教育内容も充実しつつ、温かい雰囲気の幼稚園に子どもを通わせてあげられてよかったと思っています。

小泉

私は二人の子どもの母です。娘が3歳の時にひばり幼稚園のあたたかい雰囲気と教育方針にひかれて入園しました。
入園して驚いた事は、園児達全員の名前はもちろん、何年も前に卒園した卒園児達の事も先生方が、覚えていらっしゃって感心と共にとても愛情を感じました。
園の行事では、いつも先生方が工夫を凝らし愛情いっぱいの行事になっています。子ども達それぞれの個性を活かし、可能性を引き出して頂き、様々な行事を通して、我が子の成長を感じる事ができ、その成長を先生方がいつも一緒に喜んでくれます。一人一人にしっかり寄りそってくれる先生方の存在は、とても心強いです。
幼児期の大切な時期を、ひばり幼稚園の毎日の積み重ねを大切にした教育で楽しみながら自然に身に付けられるのも魅力の一つです。
認定こども園になり、園庭で大きな子が小さな子の面倒をみてあげたりしていて、子ども同士のやり取りの中で子ども達が大きく成長していく様子も分かります。こんな素敵な幼稚園に出会えて、うれしく思っている毎日です。

芹澤 早苗

我が家には2人の子供がいます。現在2人目の子供が年中でお世話になっております。主人がひばりの卒園生という事もあり、迷わずひばり幼稚園に決めました。
3年間を通して体操、英語、書道、スイミングなど様々な教室で多くの事を学ぶ機会があり、子供達は楽しく、親としても大変心強く思っています。
毎月行われる誕生日会では、ステージの上でインタビューされ、年少の頃は上手に言えなかった子も、年長になると元気よく答える事が出来ます。
中でも、生活発表会は、1年間の集大成ともいえる成長した子供の姿に感動します。
先生方がひとりひとり温かく接して下さり、おかげ様で2人共入園してから園に行くのが嫌がる事なく、毎日楽しい園生活を過ごしています。
ひばり幼稚園に入園させて本当に良かったと思います。

石川 真澄

ザンブリコ ザンブリコよせている ザンブリコ ザンブリコうたってる・・・

我が家ではよく大合唱になる、ひばり幼稚園行進曲です。歌詞の通り静岡市でも最南端の海沿いの幼稚園で、私も私の父も通った地元の人たちに愛されている歴史の長い幼稚園です。

H23.3.11 東日本大震災が起きました。現在小学3年生の長男も4月から入園をする準備をしていた矢先のことでした。
正直、海の近くということで悩みました。しかし先生方を信頼し、園を変更することはしませんでした。
入園してすぐのことだったと思います。保護者に向けて市の防災担当者を招き、ハザードマップについて、被害想定等の話を伺う機会を設けてくださいました。
不安を隠せない父母は園にも様々な要望を出しました。ハード面についてはお金も関係してきます。すぐに対応できることは、どこにどのように避難するかをみんなで共有することからでした。そして子供にも危機意識をもたせることも始まりました。「幼い子供に・・・」と心配でしたが、そこはその気にさせるプロ集団です。子供たちは突然の避難訓練にもばっちり対応できるようになりました。
園内では足腰を鍛えることや、近隣の避難ビルまでのマラソン練習まで。その後待望の避難塔設置の話が浮上、一気に着工、完成を迎えました。対応の速さに本当に驚くばかりでした。
先生方はどんな時も笑顔で嫌な顔一つせずに対応してくださいます。子供の個性や成長に応じて柔軟に対処してくださり、時には母としてのアドバイスも。どれだけ安堵したか計り知れません。
ひばりさんは大きからず、小さからずの園であるため、子供たちは年少さんから年長さんまでほとんどのお友達の名前を覚えています。そして学習、体力づくり、礼節、心の教育・・・数え切れないほどのことを、恵まれた環境のなかでこの幼少期に教えてくださいます。
現在年長さんのわが子のポケットからは、海の小石、木の実、松ぼっくり、折り紙など毎日のようにかわいい宝物が。それらを見るたびに子供たちのかわいい笑顔が容易に想像できます。
子供にとっても親にとっても宝物のような素敵な3年間になるのではないかと、これからも期待するばかりです。

望月あや子

みなさんこんにちは、私は男の子3人の母です。3人ともひばり幼稚園でお世話になりました。 長男が中学1年生、次男が小学校4年生、そして現在年長の三男がいます。私が子供達と一緒にひばり幼稚園に通ってもう10年になります。はじめにひばり幼稚園を選んだ理由は家から近いことでしたが、知らない土地で子供を育てることに少し不安もある中で、先生方がいつも明るく優しく接してくれたことが私の心の支えにもなりました。毎朝玄関で「おはようございます!」と 笑顔であいさつをしてくれる先生方に私も子供逮も元気をもらっています。先生方が元気な幼稚園はやっぱり子供たちものびのび元気いっぱい育ちますよね。いつも気持ちのよい先生方の対応には親として感謝の気持ちでいっぱいです。
他にもひばり幼稚園のいい所は、それぞれの時期の子供達に、心も体も必要な基礎をしっかり身につけさせてくれる所です。小学校に入ると幼稚園でそれがしっかり身に付いているのがよくわかると思いますよ。子供達の大好きなシオレンジャーの「体操教室」、毎日楽しく身についている「英語」、緊張感をもって体験できる本格的な「習字」、水が苦手でも楽しい「スイミング」、 自信とやる気を育てる「鼓笛」など…幼稚園生活の中で子供達の日々の成長が目に見えてわかります。認定こども園になり、働くお母さん達にも今まで以上に理解があり、急なお預かりにも快く対応してくれるので安心です。幼稚園での手作り給食もおすすめですよ。何より子供達が毎日楽しく喜んで行きたがる幼稚園、それがひばり幼稚園だと自信をもって言えます。私は自分の子供達がひばり幼稚園にお世話になって本当によかったと思っています。

濱松 明実

小2・年長・りす組の3児の母です。 3人ともひばり幼稚園に入園しました。
1番上の子が幼稚園に入る際、色々悩みましたがひばり幼稚園に入れて良かったなと思うことが沢山あります。担任の先生ではない先生もお迎えの時にその日にあった様子を教えてくださったり、当時幼稚園には入園していない下の子の名前まですぐに先生方が呼んでくださります。とてもアットホームな幼稚園です。
カリキュラムの組み方もとても素晴らしく、子供達が達成感を感じるように出来ています。子供に無理があるような進み方ではなくその子にあった進み方をしてくれています。参観やイベントの度に、こんなことが出来るようになっているなんて!と驚くことがおおいです。
なによりもひばり幼稚園の子は優しいです。 年少さんの時にお兄さん・お姉さんに優しくしてもらったことを年中さん、年長さんになったときに年少さん・年中さん・保育部の子達に優しく接してくれます。優しさの連鎖が起こっているなと感じます。
ひばり幼稚園に入園できたこと、卒園出来たことは子供達にとっては自信につながっていると思います。常に子供目線のひばり幼稚園には感謝しかありません。

柴山 綾子

 こんにちは。私の家には、ひばり幼稚園を卒園した小学3年生と、年少で在園中の2人の娘がいます。我が家とひばり幼稚園のお付き合いは、上の子を未就園児の子育て広場に連れて行ったことが始まりです。その頃は、どこの幼稚園が良いかなと、色々な幼稚園の行事に参加していました。そんな中で、ひばり幼稚園の子育て広場やお誕生日会では、いつも先生方の手作りの催し物で楽しませて頂き、とてもアットホームな雰囲気が私は良いなぁと思っていました。
 そして、私はのんびりと子育てをしたかったので、2年保育で良いかなと思っていたのですが、他の幼稚園では、3年保育でないと受け入れられないと言われたのに対し、ひばり幼稚園では、「お母さんが一緒にいられるなら、あと1年そうして、年中からで良いですよ」と、快く言ってくださり、それが、ここにしようと思ったきっかけです。
 そう言う訳で、上の子は年中から入りましたので、娘も私も幼稚園に慣れるのが大変かなと心配していました。ですが、全ての先生方が、入園前から娘の名前を憶えていてくださり、私が行っても「**ちゃんのお母さん」 と、いつも笑顔で挨拶してくださるので、とてもリラックスした気分で、すんなりと入園することが出来ました。
 入園後は、子供が楽しそうにのびのびやっているのを見ると、本当にここで良かったなと思いました。そのため、下の子は、2年保育ではなく、3年間ここに来た方が本人にも良いだろうなと思い、年少からお世話になることにしました。
 もう一つ、ここで良かったなと思うのは、上の子が、卒園後も幼稚園のことが大好きなことです。下の子の降園のバスに間に合った日は、いつも家の外でバスを待って先生に挨拶をしたり、下の子の幼稚園の行事には、私も行きたいと言って、いつも参加しています。どの先生方も、卒園した現在でも娘の顔と名前をちゃんと憶えてくださるので、娘も大喜びです。そして、卒園した現在でも、幼稚園時代のお友達とは仲良くさせてもらっているので、娘にとっては、かけがえのない財産を得ることが出来たと思います。
 卒園、在園、未就園にかかわらず、いつも温かく子供たち(保護者も)を迎えてくれるひばり幼稚園、ひばりっこたちが、私たち家族はみんな大好きです。

石田 綾子

TOP